デカグース大統領のWCSレート奮闘記

 みなさん、アローラ!初めましての方は初めまして、そうでない方はお久しぶりです。Jirouです。サンムーンからトレーナーネームがトランプに変わりました。

 

 そういうこともありまして、今回はデカグースを軸にしたWCSレート用パーティーの記事になります。WCSレートのルールが解らない人のために簡単に説明しますと、メガ進化禁止のダブルバトルです(細かいルールは公式サイトにてご確認下さい)。それからこのパーティーのコンセプトとしてはカグース軸トリル(トリックルーム)パとなっております。

 

 それではそろそろパーティーの紹介に行こうかと思います。持ち物を@で表しています。それぞれの種族値個体値の略称はHPから順にH、A、B、C、D、Sとし、個体値が最大である31をV、その次に大きい30をU、最低である0を逆Vとします。実数値の必要のない箇所(物理アタッカーのCや特殊アタッカーのA)を省略しています。種族値個体値の意味が分からないという方はポケモン徹底攻略様に詳しい説明がございますのでそちらをご覧ください。

 パーティー紹介

カグース @ノーマルZ

f:id:OkamuraJirou:20170117091502p:plain

性格:ゆうかん

特性:てきおうりょく

技:まもる とっておき

個体値:S逆VのC抜け4V

努力値:H252 A252 D4

実数値:H195 A178 B80 D81 S45

 このパーティーの主役にしてエースポケモンになります。適応力とっておきの威力はすさまじく、メガクチートのじゃれつくよりも火力があります。この型の弱点であった最初のターン攻撃ができないという点は新要素であるZ技が解消してくれました。と言うのも、Zとっておきはまもるを使わなくても発動することができるのです!これにより、最初から高火力技が使えるので、横のポケモンが集中されるターンに相手に大ダメージを与えることができるようになりました。ちなみにZとっておきの威力は200で、適応力補正がかかると威力400というすさまじい火力の技になり、H252程度のカプ・レヒレであれば確定1発で落とすことができます(Bに補正がない場合ならHB極振りでも43.8%の乱数1発になります)。努力値の振り方は思考停止HAぶっぱ残りはダウンロード対策にDに振りました。

 

ヤレユータン @メンタルハーブ

f:id:OkamuraJirou:20170117091527p:plain

性格:のんき

特性:せいしんりょく

技:イカサマ トリックルーム

  さいはい まもる

個体値:S逆VのA抜け4V

努力値:H252 B252 D4

実数値:H197 B145 C110 D131 S58

 今作から登場したトリル界の期待の星!その耐久力と特性、せいしんりょくによりよっぽどのことがないかぎりトリルを展開できる神のようなポケモン。専用技である「さいはい」は味方ポケモンにもう一度同じ技を使わせるというトリル軸じゃなくても強さを発揮する技。これにより味方の高火力ポケモンが行動できる回数が増え、このポケモンの弱点であった低火力を補うことができます。注意しなければいけないのはZ技はさいはいできないのと、味方が行動してないと不発に終わってしまう点ぐらいですかね。攻撃技はサイコキネシスよりも通りが良く、相手の物理アタッカーに強く出れるイカサマを採用しました。努力値は少しでも耐えてくれるように物理耐久方面にぶっぱし、残りをDに振りました。

 

ヨワシ @バンジのみ

f:id:OkamuraJirou:20170117091548p:plainf:id:OkamuraJirou:20170117091602p:plain

性格:れいせい

特性:ぎょぐん

技:ねっとう  れいとうビーム

  だくりゅう まもる 

個体値:S逆VのA抜け4V

努力値:H252 C252 D4

実数値:

単独の姿 H152 B40 C84 D46 S40

群れの姿 H152 B150 C211 D156 S31

 特殊アタッカーが欲しいなと思い採用した子。デカグースが相手しずらい鋼タイプや、パーティー全体として重い炎タイプを相手してもらってました。技自体の威力が低いため、デカグースのようなとんでも火力とまではいきませんでしたが、十分な火力と耐久力で準エースとして活躍してくれました。全体技がなみのりではなく濁流なのは味方がダメージを受けないためには守るしか方法がないためです。バンジのみは今作で大幅に強化された木の実で、体力が4分の1以下になったら体力を2分の1回復するようになりました。ヨワシの特性の魚群は体力が4分の1以下になると単独の姿に戻ってしまいますので、この木の実と相性がいいと思い採用しました。

 

オーロット @オボンのみ

f:id:OkamuraJirou:20170117091638p:plain

性格:なまいき

特性:しゅうかく

技:ゴーストダイブ まもる

  トリックルーム ウッドホーン

個体値:S逆VのC抜け4V

努力値:H252 A4 D252

実数値:H192 A131 B96 D147 S54

 トリル要因その2。ヤレユータンとの違いはコケコライチュウ軸に強く出せる点と、雨パにも強く出せる点ですね。この二つの軸を相手にするときはこちらにトリルを張ってもらいました。よくいる物理耐久にしなかったのは先ほど述べたパーティーを相手にしたとき、物理受けよりも特殊受けにした方が機能してくれるんですよね。そうじゃなくてもダブルバトルはシングルよりも特殊アタッカーが多いイメージですし、ヤレユータンを物理受けに育成したのも理由の一つですね。テテフのC特化フィールド込みサイコキネシスがオボン込みで確定3発になるくらいに硬いです。不一致抜群も安定して受けれてました。ゴーストダイブを採用した理由は、まもるを貫通して攻撃できること、火力があること、それからトリルが切れる直前のターンで逃げれること、この3点から採用しました。

 

ジャラランガ @こだわりメガネ

f:id:OkamuraJirou:20170117091703p:plain

性格:ひかえめ

特性:ぼうじん

技:スケイルノイズ かえんほうしゃ

  ラスターカノン きあいだま

個体値:A抜け5V

努力値:H4 B4 C252 D12 S236

実数値:H151 B146 C167 D127 S135

 ドレディアコータス絶対許さないマン。WCSレートで多かったドレディアコータスをメタったポケモンになります。タイプ的に有利なのは言わずもがななんですが、他のドラゴンタイプではなくジャラランガの理由は特性が防塵だからです。これにより、ドレディアの眠り粉が効かないため、対面で圧倒的優位に立てます。最初はSに降らず、HCで使っていたのですが、鉢巻きメタグロスにトリル要員が始末されることが何度かあったため、最速70族抜きまでSを降りました。火力は少しでも欲しいのでCぶっぱ、残りはHPが偶数にならないように耐久に降りました。

 

クワガノン @でんきZ

f:id:OkamuraJirou:20170117091723p:plain

性格:れいせい

特性:ふゆう

技:まもる めざめるパワー(氷) 

  10まんボルト むしのさざめき

個体値:S逆VのA抜け4V(A奇数)

努力値:H252 C252 B4

実数値:H184 B111 C216 D95 S43

 この子は単純に電気技自体の通りが良かったのと、トリルとの相性が良かったため採用しました。地面技が効かないため、ガブリアスの処理をまかせることもしばしばありました。また、WCSレートでよく見かけたテッカグヤに対する解答でもあったのですが、選出機会はそこまでありませんでした。努力値は思考停止HCぶっぱ。残りはダウンロード対策もできないので元々高いBに降りました。

 

 まとめ

 最高レートが1786(下の画像参照)、最終レートが1700ちょっとでした。使っていた感想としては、カグースが飾りにならずに、きちんとパーティーの主軸になっていたことがうれしかったですね。選出率トップはヤレユータンですが、その次くらいにデカグースを選出できました。地味に隠れ特性を3匹使っているので育てるのは大変でしたが、その分強さを発揮してくれたので嬉しい限りです。実は、デカグースだけ他の人から親個体を頂いたんですよね。ですから、この場を借りてお礼を言いたいと思います。適応力ヤングースを下さったヤマガミさん、ありがとうございました!

(画像はポケモン徹底攻略様よりお借りしました)


f:id:OkamuraJirou:20170117013326j:image